戦国無双真田丸、今更だけど感想と我思い

発売されてから、もうすぐ一年…
勝手な感想を述べさせてもらうと、まあまあでした。
70点くらいかなε-(´∀`; )

50点は昌幸さん、20点は茶々さんに。。


幸村は、そうだなぁ…
ストーリーがほぼ受け入れられなくて、感情移入が出来ませんでした。
父や兄への想いも薄く、茶々への執着心が正直な所気持ち悪かったです😣

気持ち悪いというのは失礼だと思いますが、やはり日本の歴史を知っている以上、
ありえない物語でして感想移入は全く出来ず
幼少期、青年期、おっさん(笑)と外見を楽しめる事は出来ましたが、茶々と同行する事が多かったので
青年期のコスチュームの地味さが目立ちました(笑)(笑)
正しく田舎侍(笑)(笑)

逆に茶々は全体的にキラキラし過ぎで、笑えたけど😂

強いて言うなら、上杉との関係が何となく史実そうだったのかなぁと
思わせてもらえるような感じがしてジーンときましたね。


佐助は、カモフラージュ(笑)
大河の真田丸で最期を共にしたので、そこを描いてくれるかと思いきや

くのいちの遊び相手、いちを佐助を新キャラにしてあげるけど、出番はくのいちの方を多くするし
真田丸で描きたかったのは佐助ではなく、くのいちのなんだけどーという、
開発者の愛が物凄く伝わってきました(笑)

ご苦労様🙏




ただ、物語は半蔵との師弟関係が結構良かったかなぁと。
女性受けする顔と性格が好みではありませんが、半蔵好きの私にはこれまでほぼ空気だったので
嬉しかったです(*´艸`*) 
半蔵の涙にオリジナルだったけどもらい泣きさせてもらいました😌

ただ佐助とくのいちとの会話は、おばさんには痛く早送りしまして、ほぼ聞いていませんε-(´∀`; )

これからも真田の忍びは好きになれそうもないです><


それから、茶々
ワガママタイプで好きな性格ではなかったけど、凛とした所が素敵で、茶々らしかったのかな?
と思わせてもらいました (◜◡◝) 

物語は、、う〜ん、やっぱり幸村と同じで、幸村とガラシャへの思いに感情移入出来なくて、残念でしたが
浅井長政、お市の方の娘である姿が、切なくて
大阪城が炎上し、父の姿を見るアニメーションは
ぐっとくるものがありました。

ただ豊臣を守る者に❓

秀頼が居ないのに茶々が豊臣を守らなくちゃいけないのか?
押し付けられた設定に無理があるような気がして
後、織田から天下を乗っ取った豊臣が、何故茶々を姫扱いするのか、、

秀吉と婚姻をしていない設定にかなり無理があるように思えました。

まぁ、日本の歴史を知っているので、ある程度は理解と感情移入は出来ましたが
何故秀頼を出さなかったのかが、謎ですね…

後、ガラシャとの関係には萎えました😞
あんな嘘設定は止めた方がいいのではないでしょうか?
ガラシャが死なないのなら、他の者も死ななくてよいのでは?と思わされる設定…

ガラシャはガラシャの生き様を出して欲しかったです。


それから、村松殿(真田長女)
可愛らしい女性で、私は好きでしたが
父弟達は時代に沿って老いて行きましたが、何故彼女はそのままだったのか?

開発者が若い子好みなのかなぁ(笑)(笑)
三国無双もそうですが、ロリコン好きなんでしょうね💦

凄く違和感を感じました。


それから、信之は何とも空気感がありましたね、
あなたの口から泰平の世なんて聞きたくなかったです(笑)という感じです。

父よりも家康さんを選んだんですね!

信之とは親子愛も兄弟愛も薄く感じてしまい🔺の言葉が、ついついでてしまう感じです。

全ての戦をクリアした後に、信之目線の大坂の陣後の物語が見られまして
う〜ん、秀忠との友設定も萎えたかなぁ。


それから家康さんは、ただただヘタレ君主
本多忠勝が居なければ、どの戦でも討死してる感じタップリでした(笑)

でも、小牧長久手合戦後のアニメーションの中で、納得いかなければ、奪うと言うような事を堂々告げていたのが、カッコ良かったです!

それに息子の秀忠も中々魅力的でしたよ(。´艸`。)
母と兄を殺された事で父を嫌っている設定
登場してきた頃は、嫌な野郎っぽかったんですが
彼も彼なりに成長して、幸村を見届けていました。

どうか幸村が茶々のためだけに、豊臣に味方した事を知らないでいてね🙏

まぁ、確か大坂冬の陣だったかな?
その戦では父の事を思い戦をしていましたが
やっぱり最後まで茶々に依存してたからなぁ(笑)


私の敬愛する清正公は、正則と纏められてて(笑)相変わらず、三成依存症😱
困ったものです(笑)

余談ですが、
私の尊敬する戦国武将は、加藤清正、明智光秀、柴田勝家、島津豊久、立花宗茂(九州育ちなので九州武将贔屓です)なのですが、

ほぼ空気でした😅


それから最後に、昌幸殿ですが

中々楽しませてくれました!!
勝頼との友設定は、やはり無理がありましたが
真田丸は昌幸の人生ゲームだったんだなぁと、思わせてくれて、
家康殿との駆け引きがやはり爽快で腹黒くて、賢くて、それでもって子供思い❤︎

上から目線で来る本多忠勝や三成を一言で黙らせるような勢いのある雰囲気が好きでしたね

最近の大河やゲームは善人で偽善者設定が多い中、真田丸は大河もゲームも良しも悪しも
しっかりと描かれていて、楽しませてもらいました(๑′ᴗ‵๑)

そしてやっぱり、大河と同じで昌幸殿が亡くなったら、火が消えたようでした。゚(゚´ω`゚)゚。


と、全体的にはまぁまぁ面白かったと言える内容でしたが、昌幸殿と佐助(プレイ)が居なければ
最後までクリアしていなかったと思います😅

特に茶々やガラシャとのおままごとお役目は、退屈でした(苦笑)
それに戦国無双の中でも最も苦手なくのいちが半主役だったので、何度心が折れたか😞😞😞

苦手と綺麗な言葉を使いましたが、正直嫌いでして💦これまでの戦国無双シリーズ、一度もプレイしていなかったので
くのいちのみの出陣で途中佐助が戻ってきてくれた時、希望が見えましたもん(笑)(笑)

プレイもさる事ながら声に話し方、走る姿がもうダメで、佐助が似たような走り方だったのも
かなりショックでした💧

何とかラストまで進められましたが、幸村おじ様と信之おじ様のお顔が結構ショックだったり、
特に幸村おじ様の声が受け付けなくて、おじ様になるとチャージも増えるという有り難い設定でしたが、二週目プレイはしないことにしました><

それに、武器やレベルが引き継げないのとやり込み要素がありませんので
1度プレイで終わることにします( ̄^ ̄)ゞ

もし売れるようなら売って、愛ハムに何か買ってあげようと思っています!!


それからそれから💕💕



りぼんさんが送ってくださった、ラブラブ📸
授かっていますように🙏🙏🙏



+OTORAKE Memorial Book+

当サイトは管理人kiyoの愛ハム自慢websiteです、主にblogを中心に運営しておりますが 繁殖も行っておりまして、時折里親募集も致しております。